fc2ブログ

《 自然の中に身を置き、目の前の野鳥を一人占め 》が私にとって至福のひと時です。休日はもっぱら鳥見を楽しんでいます。

突然消えたアオバズク!(2度の災難あり)

7月になりアオバズクの巣立ち雛が見れる事を期待し神社を訪れました。
残念ながら、まだお一人様のようです。(7月4日)
アオバズク1
周りの木も探したのですが居ないようです。
その内、なにかが物凄いスピードでアオバズクの胸あたりにぶつかって行くのが見えました。
アオバズク2
何度も繰り返し、アオバズクにぶつかっては飛び去ります。
突然の事でアオバズクには何が何だか判らないようです。
アオバズク3
飛び去った方向を探すと、犯人が判りました。
番で巣立ち雛を見守っているヒヨドリでした。
ヒヨドリ1
ずっとこの木で休んでいるアオバズクはとんだとばっちりです。
ヒヨドリが神社の他の木で営巣、やがて巣立った雛がこちらに飛んできたものだから、親鳥は外敵(アオバズク)を見つけ、必死に追い払おうとしているのです。
アオバズク4
何度も何度もヒヨドリに体当たりされても飛び立たないのを見て、きっとアオバズクも樹洞の中にいる♀親たちを見守っているのだろうと思いました。
ヒヨドリの攻撃は時間にして6分程でした。その後ヒヨドリの巣立ち雛は他所に行った模様です。
アオバズク5
翌日7月5日、今日もまだ1羽のようです。そしてこの日もとんだ災難がアオバズクを待ち受けていました。
アオバズク6
ストレッチをして、
アオバズク7
お休みモードに入りました。
アオバズク8
すると、ブーン(聞こえてはいませんが)とジガバチのような黒い虫が飛んできました。
アオバズク9
どうやらアオバズクがお気に入りのようで、
アオバズク10
ピタッと顔に止まりました。
アオバズク11
「やめろ!」と追い払いますが、
アオバズク12
またやって来て、
アオバズク13
アオバズクが眠いのに寝かせてくれません。
アオバズク14
「いい加減にしろ!」とにらんでいるかのようです。
アオバズク15
それでもこの虫はよっぽどアオバズクの顔が気に入ったようで、しつこく止まりにきます。
アオバズク16
「勘弁してくれ!」と思いっきり顔を左右にブルブル振って、追い払います。
アオバズク17
やっと虫はいなくなりましたが、アオバズクはとても不機嫌そうに眠りに入りました。
アオバズク18
実はその後(7月7日、10日、14日)観察に行くのですが、アオバズクが突然居なくなりました。
5月28日より定期的に通い、この場所では初めてとなる雛の巣立ちを見たかったのですが、すごく残念な別れとなりました。
ある方は昨年も1羽しか見れなかったので、最初から1羽だけだったんだよと言われてました。
でも私は1ヶ月以上ほぼ同じ場所から動かず休んでいたので、♀を見守っていたと思いたいのですが・・・
もしかして樹洞内で♀が温めていたのが無精卵で孵らず、最後は諦めて2羽で去ったのでは?と。
また来年リベンジで観察したいです。
それにしてもアオバズクさん、1ヶ月以上この神社にいてくれてありがとう、そしてお疲れ様でした(^-^)

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
ランキングに参加しています。よろしければ、ぽちっとクリックお願いします。
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment