fc2ブログ

《 自然の中に身を置き、目の前の野鳥を一人占め 》が私にとって至福のひと時です。休日はもっぱら鳥見を楽しんでいます。

9/3 サギ類コロニー周辺&農耕地巡り!

サギ類のコロニー隣にある池の沿道にゴイサギ幼鳥(ホシゴイ)が数羽休んでいました。
この個体は羽に流れ星が沢山あって綺麗ですね。
ゴイサギ1
この個体は頭や上面にまだ産毛が残ってますね。
ゴイサギ2
周りにはサギ達も居たのですが、ある時突然飛び立つと、コロニーに逃げ込みました。
理由は、ハンター・ハヤブサが現れたからです。
ハヤブサ1
ハヤブサ幼鳥は低空飛行からコロニーにいるサギを襲いにかかります。
ハヤブサ2
2羽のゴイサギ幼鳥が危ないっ!
ハヤブサ3
今日の狩りは失敗したようで、ハヤブサはやがて帰っていきました。
平穏な時が戻り、白鷺たちが舞い降りて来ます。
珍しい4ショットが撮れました。
左からチュウダイサギ、コサギ、アマサギ、チュウサギですね。
サギ4種1
場所を変え、農耕地の水の張った休耕田を巡りました。
土手に居たのはイソシギ成鳥夏羽→冬羽換羽中です。
イソシギ1
カルガモ・ファミリーも現れました!
カルガモ2
この写真では雛は4羽ですが、実際は5羽いるようでした。
カルガモ1
近かったせいもあり、親鳥に警戒され、雛たちは避難しました。
カルガモ3
以前いたセイタカシギ・ファミリーは抜けたようで、代わりにアオアシシギ幼鳥1羽がいました。
アオアシシギ2
最初は気づかなかったのですが、このアオアシシギ幼鳥、よく見ると胸上部がえぐられ出血しています。
そして大雨覆や三列風切が剥ぎ落とされ、痛々しい姿をしています。
アオアシシギ1
反対を向くと、綺麗なアオアシシギ幼羽です。
アオアシシギ3
後ろ姿ですが、羽が剥ぎ落とされているのが判ります。
アオアシシギ4
今度は反対側に回り込み、順光で明るく撮れる場所からの撮影です。
アオアシシギ5
反対を向いた時の写真ですが、やはり傷ついた胸元や逸脱した大雨覆や三列風切などの羽根が気になります。
この地にもハヤブサは現れますので、やはりハヤブサの仕業でしょうか?
アオアシシギ6
せっかく助かった命ですから、これから先ずっと生き続けてもらいたいものですね。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
ランキングに参加しています。よろしければ、ぽちっとクリックお願いします。
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment