FC2ブログ

《 自然の中に身を置き、目の前の野鳥を一人占め 》が私にとって至福のひと時です。休日はもっぱら鳥見を楽しんでいます。

モンゴルカモメ 第1回夏羽→第2回冬羽 換羽中!

10月になり地元の砂浜海岸にウミネコやセグロカモメ、タイミルセグロカモメ等が現れるようになりました。
10月13日 その中に白さが際立つ大型カモメ幼鳥が1羽居ました。
モンゴルカモメ4
ウェブサイト「日本の野鳥識別図鑑」に質問し、この個体はモンゴルカモメ 第1回夏羽→第2回冬羽 換羽中と教えて頂きました。
≪モンゴルカモメ 第1回夏羽→第2回冬羽 識別ポイント≫
① 第1回夏羽の雨覆は幼羽から換羽済みで白さが目立ち、初列風切は摩耗した幼羽です。
② 第1回夏羽後期の肩羽のいかり模様は摩耗しあまり分からなくなってきて地色の白さが目立ちます。
モンゴルカモメ1
③ 尾羽先端の黒帯が狭く、縞の少ない基部の白さが目立ちます。
④ 第2回冬羽初期は灰色の新羽は目立ってませんが、背や肩羽に見えてきています。
モンゴルカモメ3
⑤ 第2回冬羽は頭~腹の大部分が白く、褐色斑は細く限定的です。
モンゴルカモメ2
⑥ 第2回冬羽は嘴の色は鈍い色となり先端に大きい黒斑があるように見えます。(10月20日)
モンゴルカモメ5
1ヶ月経った11月21日にも居ました。
モンゴルカモメ6
もしかして別個体かもしれませんが、やはり白さが際立っていました。
モンゴルカモメ7
このまま居座ってもらって、完全な第2回冬羽(肩羽が灰色)のモンゴルカモメ、是非見てみたいものです。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
ランキングに参加しています。よろしければ、ぽちっとクリックお願いします。
スポンサーサイト



2 Comments

まだコメントはありません

ran1005  

blogの写真をリンクさせて頂きました。

私は諏訪湖近くに居住しているものですが、沢山の冬鳥に混じってカモメらしきを見ました。
色々な資料を調べてモンゴルカモメにたどり着いたのですが,貴blogの写真が一番鮮明で判りやすかったので、リンクを張らせて頂きました。
どうぞよろしくお願い致します。

2020/11/29 (Sun) 10:45 | REPLY |   

Tassy  

To ran1005さん

私のブログ記事で問題ないのなら、どうぞ(^-^)
2020年11月29日(日) 10:45 FC2 BLOG <blog_info@fc2.com>:

もしもメールがFC2に返信されただけならと不安になって、再度ここから返信します。
私の記事を気に入ってもらい有難うございます。
これからもよろしくお願いします。

2020/12/27 (Sun) 17:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment