fc2ブログ

《 自然の中に身を置き、目の前の野鳥を一人占め 》が私にとって至福のひと時です。休日はもっぱら鳥見を楽しんでいます。

曽根干潟をぶらり!

曽根干潟に 1/15 の午後、ぶらり立ち寄った時の様子です。
海にツクシガモの群れが居たのですが、クリークでも数羽が採餌してまして、♂生殖羽です。
ツクシガモ1
こちらは♀第1回非生殖羽です。
ツクシガモ2
突然、チョウゲンボウ成鳥♂が通り過ぎていきました!
チョウゲンボウ1
チョウゲンボウ♂は頭が青みがかった灰色、背は赤茶色で黒斑が点在します。
チョウゲンボウ2
カワラヒワの群れが居ました。
カワラヒワ1
その中で1羽、白さが目立つ違和感ありありの個体を見つけました。
冬鳥「オオカワラヒワ」だと思います。
三列風切の白色部の割合が上の個体に比べて大きく、頭部~後頸部、肩まで灰色がかり灰色の帽子を被ったようです。
また腹部など全体に体色が薄く、腰の灰色味が強いです。
オオカワラヒワ1
満潮から少し潮が引きはじめ、僅かに現れた干潟にズグロカモメがカニを狙って現れました。
ズグロカモメ1
雨覆や三列風切に褐色の幼羽があるので、ズグロカモメ第1回冬羽です。
ズグロカモメ2
海にはウミアイサ♀タイプ2羽が居ました。一見同じに見えるのですが、
奥の個体は目の周りが黒く、三列風切は暗灰褐色なので、ウミアイサ♀冬羽です。
ウミアイサ1
さて手前の個体ですが、ウミアイサ♂1年目冬 換羽中だと思います。
目の周囲の黒い部分は下嘴あたりから広範囲にあり、三列風切は白っぽく見えますね。
目の周囲が黒くなるのは、♀冬と♂1年目冬のみです。
ウミアイサ2
同個体の羽ばたきシーンですが、三列風切は最外列を除き薄い青灰色と黒のストライプ状に見えます。
これは♂幼羽だけの特徴ですので、目の周囲が黒い点と合わせて、ウミアイサ♂1年目冬 換羽中ですね。
ウミアイサ3
ウミアイサ♂幼羽→1年目冬の換羽完了は遅く早春なので、まだ♂の特徴が殆ど現れておらず、識別を困難にしていますね。
別個体ですが、同じくウミアイサ♂1年目冬 換羽中です。
ウミアイサ4

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
ランキングに参加しています。よろしければ、ぽちっとクリックお願いします。
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment