fc2ブログ

《 自然の中に身を置き、目の前の野鳥を一人占め 》が私にとって至福のひと時です。休日はもっぱら鳥見を楽しんでいます。

タマシギ&サンコウチョウ&キビタキ!今年も同じフィールドに登場

タマシギつがいが繁殖期になり昨年と同じ水田で暮らしています。
タマシギ1
タマシギ♀です。
伸びすぎた稲が邪魔をして全身がきれいに写りません。
タマシギ2
♀は頬~胸が深い赤色で、目の周囲の白色が化粧をしたように綺麗です。
タマシギ3
タマシギ♂です。
実は少し離れた手前側にいた別♂なのです。
タマシギ4
タマシギは一妻多夫で繁殖するので、今つがいを形成している♂の作った巣に産卵すると、
別の♂と求愛を始めるので、今まさに順番待ちをしている♂なのでしょう。
タマシギ5
抱卵は♂がやり、雛が誕生しても世話はすべて♂がするようです。
タマシギの世界、♀はまさに女王様ですね。

サンコウチョウ 尾の短い♂ですが今年もいつもの場所で。
サンコウチョウ1
キビタキがいつまでも鳴いていました。
キビタキ3
そして近くの木々を移動しながら、いつまでも居たので、もしかして幼鳥が巣立っていたのかな?
キビタキ1
ヒヨドリなどを威嚇攻撃していたようにも見えたので、♀が近くで抱卵中だったのかもしれませんね。
キビタキ2

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
ランキングに参加しています。よろしければ、ぽちっとクリックお願いします。
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment