fc2ブログ

《 自然の中に身を置き、目の前の野鳥を一人占め 》が私にとって至福のひと時です。休日はもっぱら鳥見を楽しんでいます。

サンコウチョウ2度目の大災難、そして奇跡の瞬間!

サンコウチョウが巣作りを始めた2日後、どれぐらい巣が完成しているのか観察に行きました。
(観察には細心の注意を払い、迷彩ネットでカメラと身体を隠し、出来るだけ小さくなった状態で動かず、時間も最小限で行っています。)
2日前には全然形もなかったのに、立派な逆円錐形の巣ができていてビックリしました。
まだ完成はしていないようで、♀がスギの皮を運んできました。
サンコウチョウ28

サンコウチョウ29
今度はクモの糸です。
サンコウチョウ30
♂はコケを運んできました。
サンコウチョウ31

サンコウチョウ32

サンコウチョウ33
コケを巣の周りに付けています。
サンコウチョウ34

サンコウチョウ35
また♀がクモの糸を嘴周辺に絡めてきました。
サンコウチョウ36

サンコウチョウ37
どうやらクモの糸を巣の周りに丹念に絡ませて巣を補強しているようです。
サンコウチョウ38

サンコウチョウ39
コバルトブルーのアイリングと嘴、長い尾を持つ♂はとても美しいですね(^^♪
サンコウチョウ40

サンコウチョウ41
完成が近いんですかね、また糸を付けてきました。
サンコウチョウ42
♂もクモの糸を付けてきましたよ。
サンコウチョウ43
タイムリミットとなりましたので帰りますが、大きな心配事があります。2日後に台風が通過する予報なのです。
今度は何とか耐え忍んでもらいたいものです。

予報通り2日後に台風通過、そしてその3日後、あの西日本豪雨が想像を絶するスケールで襲いかかりました。

その2日後(前回観察より1週間後)、快晴となったので恐る恐るサンコウチョウの様子を見に行きました。
すると山道が倒木と土砂災害により通行止めとなっていました。
私は悩んだのですが、1度だけでいいんで一瞬だけでも様子を見たいとの思いで、いけない事だと判りつつも先に進みました。(もしその場所までが危険だったら、即引き返します。)

そして奇跡の瞬間がやってきます。
そこにはサンコウチョウ♂の姿が・・・本当に感動しました(*^^*)
サンコウチョウ44

サンコウチョウ45
入れ替わりに♀が現れました。
サンコウチョウ46
そして巣に座りこみました。
サンコウチョウ47
どうやら抱卵中のような気がします。
サンコウチョウ48
頑張れ、サンコウチョウ!元気な雛が生まれる事を祈っていますよ。
サンコウチョウ49
1度だけと心に決めて入ったので、これにてサンコウチョウの観察は終わりにします。

今回、野鳥が自然の中で生きていくことは、本当に大変な事なんだなと痛感しました。
これからも色々な災難が襲ってくるとは思いますが、その都度奇跡を起こして、たくましく生きていってほしいものです。
ちょっと早い話ですが、また来年も同じ場所へ渡ってきて営巣して下さいね!
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment