FC2ブログ

《 自然の中に身を置き、目の前の野鳥を一人占め 》が私にとって至福のひと時です。休日はもっぱら鳥見を楽しんでいます。

トモエガモ ペアが干潟でお食事!

干潟で休息中のヒドリガモを撮ろうとしていたら、突然2羽の小さなカモが舞い降りました。
なんと、トモエガモのペアでした!
トモエガモ8
暫くするとトモエガモ雄生殖羽が上陸してきました。
トモエガモ1
お相手のトモエガモ雌非生殖羽です。
トモエガモ2
水面に嘴を突っ込みバクバクと採食を始めました。
トモエガモ3
水草や水生昆虫などを食べているのでしょうか?
トモエガモ4
警戒心が強いので散歩の人が来ると沖に避難するのですが、暫くするとまた戻ってきました。
トモエガモ5
長く伸びる三色の肩羽はまだ短めですね。
トモエガモ6
脇の羽は幼羽より丸みがあり、三列風切は褐色で羽縁が橙色でないので雌非生殖羽です。
トモエガモ7
ヒドリガモ(成・幼・雄・雌)の識別に挑戦、ヒドリガモ雄生殖羽です。
雨覆が白く、背・肩羽・脇は細かい波状斑で銀色っぽく見えます。
ヒドリガモ1
ヒドリガモ雌非生殖羽です。
褐色の雨覆は幼羽より白い羽縁が幅広く目立ち、三列風切に生殖羽に見られる橙色の羽縁や斑がありません。
ヒドリガモ2
ヒドリガモ雄幼羽→第1回生殖羽 換羽中です。
脇に雄生殖羽の波状斑が僅かに現れ、雨覆は雌幼羽より淡色部が目立ち、肩羽中央最後部の羽が雄幼羽は淡灰色です。
ヒドリガモ3
ヒドリガモ雌幼羽です。
褐色の雨覆は羽縁が目立たず一様に見え、肩羽中央最後部の羽が雌幼羽は黒褐色です。
ヒドリガモ4

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
ランキングに参加しています。よろしければ「野鳥マーク」をぽちっとクリックお願いします。
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment