fc2ブログ

《 自然の中に身を置き、目の前の野鳥を一人占め 》が私にとって至福のひと時です。休日はもっぱら鳥見を楽しんでいます。

7月の思い出!ブッポウソウetc

7月も野鳥たちと素敵な出逢いがありました。

今年もブッポウソウに会いに行きましたが、ちょっとタイミングが遅くすでに営巣中でメスは現れず♂のみの観察でした。
ブッポウソウ1
昨年は♂がフライングキャッチで昆虫を捕まえては♀に求愛給餌を繰り返し、2羽寄りそうシーンが見れたのですが、
今年は♂がたまにフライングキャッチで昆虫を捕まえると、♀の居る巣の中に運んでいました。
ブッポウソウ2
ボケボケですが、ブッポウソウは飛び立つと翼の大きな白斑が目立ちますね。
ブッポウソウ3
巣立ち直後、上手く飛べないヒヨドリ雛です。
ヒヨドリ雛1
巣立ち直後、上手く飛べないツバメ雛です。
ツバメ雛1
≪迷彩ネットでカメラと身体を隠し、出来るだけ小さくなって動かず、時間も最小限で行っています≫
巣作り2日後、殆ど完成して見えますが、まだ仕上げに精を出すサンコウチョウ♂です。
サンコウチョウ33
サンコウチョウ♂はコバルトブルーのアイリングと嘴、そして長い尾がとても美しいですね!
サンコウチョウ40
サンコウチョウ♀は尾が短いです。
サンコウチョウ29
今年生まれのチュウヒ幼鳥2羽です。
チュウヒ幼鳥2
チュウヒの特徴であるV字滑空で葦原の上を低くゆっくりと飛んでいます。
チュウヒ幼鳥36
すぐ近くを飛んでくれました(^-^) チュウヒ幼鳥は虹彩が暗色で風切に横縞は見られません。
チュウヒ幼鳥39
ケリ幼鳥です。ここまで成長したら親鳥も安心なのか威嚇飛行をしませんでした。
ケリ1
昨年生まれのコブハクチョウ5羽です。一番左の飛べない個体に付き合ってでは無いでしょうが、渡らず居座ってしまいました。
コブハクチョウ1
亜種キュウシュウフクロウ雛です。とっても可愛い顔をして癒されますね~!
フクロウ14
こちらの雛は幾分生まれが遅かったようで、まだ幼綿羽でモコモコしてますね。
フクロウ9
道案内板の上で休憩中のホオアカです。
ホオアカ1
オオバン幼鳥です。雛の時は顔と嘴が赤く、後頭部が黄色でとても派手だったのですが、今は顔~前頸が白く、頭は灰黒色、嘴も黒っぽくなっていて、まるで別人(鳥)になっていました。
オオバン1
チュウヒ幼鳥もう1羽の飛翔シーンです。
チュウヒ幼鳥白5
ヨシゴイ♀が水中の魚?を物色しています。
ヨシゴイ1
少し場所を移動し、ヨシゴイ♀が水中の魚?を狙い、首がスーと伸びて水中に嘴を突き刺しました!
ヨシゴイ2
カイツブリ雛2羽です。京劇のお面をしたような顔をして可愛いですね。
カイツブリ雛1
以上が7月の探鳥記録です。

今回のオマケです。
タテハチョウ科のアカタテハです。
アカタテハ1
モンキアゲハです。日本最大級のチョウですが、羽がすごく傷ついてました。
モンキアゲハ1
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment