fc2ブログ

《 自然の中に身を置き、目の前の野鳥を一人占め 》が私にとって至福のひと時です。休日はもっぱら鳥見を楽しんでいます。

我が家の庭で宿った3つの小さな命 ~巣立ちの時~

8月26日、我が家の庭のエゴノキで営巣中だったヒヨドリに待望の雛3羽が誕生しているのを確認しました。
毛も生えていましたし、目もうっすらと開いたので、生後5日は経っていると思われます。
ヒヨドリ19
その2日後、朝7時やはり雛の姿は見えません。(この写真は葉が被っていますが別位置からも見えませんでした)
どうも雛が孵ってからは親鳥は日が暮れる頃、森に帰って休み朝7時以降にやって来ては餌やりをしているようです。
雛も親鳥が帰ると、寝ている&隠れている?で姿を見せることはありません。
ヒヨドリ21
同日8月28日夕方、3羽の雛を確認しました。親鳥も近くで見張っているようでした。
ヒヨドリ22
前回より2日と7時間経っていますが、毛もしっかり生え、目もパッチリと開き、見違えるほど成長してました。
ヒヨドリ23
羽もしっかり生えています。
ヒヨドリ24
2羽とも元気そうですね。
ヒヨドリ25
翼を広げるとまだ飛ぶのはまだ早いかな。
ヒヨドリ26
このサイズになれば3羽いると巣がちょっと狭そうですね。
取りあえず順調に成長している雛の姿に安心し家に入りました。
ヒヨドリ27
~巣立ちの時は突然やってきます~
翌朝8月29日、いつものように朝7時に家を出ると、正面に親鳥の姿が。
あれっ、今日は来るのが早いなと思いながら、門を開け車の方を見ると、
ヒヨドリ28
「エ-ッ、うそやろー!」
私の車の横に雛1羽が巣立ち?巣落ち?しています。
私を見てますが全く動こうとはしません。親鳥は心配&威嚇して、ピーピー鳴いています。
ヒヨドリ29
他の雛も探して見ますが、巣の中に居る様子はありません。
すると1羽居ました。隣の家のカーポートの上に巣立ち?巣落ち?した雛です。
ヒヨドリ31
もう1羽はどこに行ったのでしょう?
仕事に行くため車に乗らないといけないので、雛に近づいていくとパタパタと飛んだのはいいのですが道路の真ん中に。
これでは車にひかれてしまいそうなのでもう一度近づいていくと、今度は隣の家に上がる階段に留まりました。
ヒヨドリ30
親鳥も見守っているのでひとまず安心かなと車を出しました。
すると隣の家の庭のフェンスの上に最後の1羽が留まっていました。
この雛が一番しっかりしている気がしました。
ヒヨドリ32
ふと目を横にやると、たぶんさっき階段にいた雛でしょう。
「頭隠して尻隠さず」状態でした。
ヒヨドリ33
夕方、雛たちがまだ居る事を期待して家に帰ると、良かった!電線の上に1羽留まっていました。
親鳥がやって来て餌をもらうと、斜め前の家の屋根に飛び移りました。
この雛はもう高く飛べるので少し安心です。
ヒヨドリ34
前の家の庭でもう1羽が鳴いていました。この雛がもしかして朝、車の所にいた子かもしれません。
親鳥から餌をもらっていました。
ヒヨドリ35
やがて親鳥は前の家の庭のフェンスに留まりました。
ヒヨドリ36
すると雛も頑張って飛び立ち、親鳥の横に留まりました。
微笑ましいシーンを目にし、また明日会えることを期待して家に入りました。
ヒヨドリ37
残念なことに次の日(8月30日)からは雛の姿を見る事はなかったです。
きっと雛たちは森に入り親鳥に見守られながら、上手に飛べる練習や狩りの練習など、忙しい毎日を過ごしている事と思います。

過酷な自然の中で雛から成鳥になるには非常に大変な事でしょう。
どうか我が家の庭から巣立っていったヒヨドリ雛3羽には、様々な試練を乗り越え、立派な成鳥に育ってもらいたいものです。
そしていつの日か我が家にまた遊びにきて下さいね!
8月11日~8月29日までのヒヨドリ観察生活はこれにて終了です。

8月31日、空となったヒヨドリの巣を観察しました。
ヒヨドリ38
脚立の一番上に恐る恐る立ち、コンデジで真上からのアングルで撮影しました。
ヒヨドリは4卵が多いと記されていたので、期待していた通り3羽が巣立った後、1卵だけ孵化せず巣の中にありました。
ヒヨドリ39
せっかくの機会なので、卵を取り出しサイズを測ってみました。約32mmでした。
ウズラの卵とほぼ同サイズみたいですね。
ヒヨドリ40
今回のオマケです、農耕地で偶然に見つけました。
夏の代名詞と言ってもいい、黄色がとても綺麗なひまわり畑です。
ひまわり1
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment