fc2ブログ

《 自然の中に身を置き、目の前の野鳥を一人占め 》が私にとって至福のひと時です。休日はもっぱら鳥見を楽しんでいます。

ノビタキを探しに。

旅鳥ノビタキが立ち寄る地元の農耕地に行ってきました。
まず出会ったのはタヒバリ夏羽でした。
タヒバリ16-1_convert_20180422222648
タヒバリは採餌に夢中で徐々に近づいてきます。
タヒバリ24-1_convert_20180422222728
2月に見たタヒバリ冬羽とは明らかに色合いが違ってました。
タヒバリ15-1_convert_20180422222621
胸の縦斑は薄く少なくなり、顔~下面が淡赤橙色になっていました。
タヒバリ19-1_convert_20180422222549
夏羽のほうが可愛らしさがUPしますね。
タヒバリ21-1_convert_20180422222508
次に出会ったのが2羽のタイワンハクセキレイでした。
タイワンハクセキレイ8-1_convert_20180424220219
特長①頭頂~後頸、過眼線、喉~胸は黒色。
タイワンハクセキレイ2-1_convert_20180424235203
特長②背と腰は灰色。(黒い羽が混ざらない)
タイワンハクセキレイ1-1_convert_20180424235140
特長③下嘴まで胸の黒色部が繋がっている。
タイワンハクセキレイ7-1_convert_20180424220301
正面から。
タイワンハクセキレイ6-1_convert_20180424235342
ケリが居ました。
ケリ21-1_convert_20180424224439
正面から。
ケリ22-1_convert_20180424224544
ところでお目当てのノビタキが見当りません。
今年は来ていないのかなと思いながら昨年見つけた場所まで行くとピンポイントに居ました。
ノビタキ23-1_convert_20180424223707
見通しの良い草のてっぺんに留まり、時折地上に降りては、昆虫などを食べているようでした。
ノビタキ19-1_convert_20180424215424
正面から。
ノビタキ17-1_convert_20180424215350
暫くすると、また同じ草の上に戻ります。
ノビタキ15-1_convert_20180424215157
別の場所にも居ました。
ノビタキ14-1_convert_20180424225107
オマケのウシガエルです。
ウシガエル1-1_convert_20180424225434
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment