fc2ブログ

《 自然の中に身を置き、目の前の野鳥を一人占め 》が私にとって至福のひと時です。休日はもっぱら鳥見を楽しんでいます。

岩棚で羽を休めるヒメウ&ウミウの群れ!

玄界灘の荒波によって造られた岩棚にヒメウ&ウミウの群れが羽を休めていました。(3/15)
ヒメウ1
色々な羽模様の個体がいますので、ちょっと識別してみましょう。
ヒメウ2
ヒメウ1年目若鳥です。
光沢のない暗褐色の羽毛は幼羽ですね。
ヒメウ3

ヒメウ4
ヒメウ成鳥冬羽です。
成鳥は全身が緑や紫の光沢のある黒い羽毛で覆われます。
ヒメウ5

ヒメウ6
ヒメウ成鳥夏羽です。
夏羽は目の周囲の露出部が赤くなり、頭部に短い冠羽があります。
ヒメウ7

ヒメウ8
夏羽は腰の両側に白斑がでます。
ヒメウ9
ウミウ1年目若鳥2羽です。
幼羽は喉・前頸~胸・腹にかけて白く(写真では判りませんが)、上面は褐色です。
ウミウ1
この個体は擦れた褐色の幼羽が目立ちます。背には僅かに光沢のある新羽がでています。
ウミウ2
上の個体より褐色の幼羽が暗い個体です。背の光沢ある新羽も多いようです。
ウミウ3
この個体は更に背や雨覆に光沢ある新羽が出ています。
ウミウ4
ウミウ2年目若鳥でしょう。
上面はすべて光沢のある羽に換羽していますが、喉・前頸~胸・腹にまだ白い毛が残っており、下面は艶のない褐色です。
ウミウ5
この個体は頭や頸周囲に夏羽の白い毛が若干見えていますが、下面は艶のない褐色で白い毛も残っているので、やはり2年目若鳥です。
ウミウ6
成鳥夏羽移行中です。
頭部から頸・後頭にかけて白くなってきており、足の付け根に白斑があります。下面は一様に緑光沢あるの黒色です。
ウミウ7
成鳥夏羽3羽です。
ほぼ夏羽(婚姻色)完成ですね。ウミウの虹彩は美しいエメラルドグリーン色です。
ウミウ8
比較に別場所で撮影したカワウ夏羽です。
カワウの目後方の白色部はウミウに比べて狭いです。
カワウ1

スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment