fc2ブログ

《 自然の中に身を置き、目の前の野鳥を一人占め 》が私にとって至福のひと時です。休日はもっぱら鳥見を楽しんでいます。

《春鳥見》 ホオアカ&アマサギ&ホオジロハクセキレイなど10種

晴天の下、ホオアカが気持ち良さそうに囀っていました。
ホオアカ1

ホオアカ2
赤いほっぺです。
ホオアカ3

ホオアカ4
こちらはお馴染みのホオジロ。
ホオジロ1
最近、夏鳥のサギ達が渡って来て農耕地を賑わしてくれてます。
アマサギ夏羽2羽が居ました。≪今季初認・5月3日≫
アマサギ1
こちらの個体はまだ夏羽移行中ですね。
アマサギ2
コサギより小さいアマサギはアオサギと並ぶとこんな感じです。
アマサギ3
同場所に居た夏羽となったチュウサギです。
夏羽は嘴が黒くなり、背に飾り羽が出ます。
チュウサギ1
夏羽となったチュウダイサギが水の張った農耕地に群れで居ました。≪4月17日≫
夏羽は嘴が黒くなり、目先は青緑色、背に飾り羽が出ます。
チュウダイサギ1
チュウダイサギが食しているのはなんと「ヒル」でした。
チュウダイサギ2
何度も上手にヒルを捕え、食してました。
チュウダイサギ3
ホオジロハクセキレイ夏羽が居ました。
ホオジロハクセキレイ1
正面顔。
ホオジロハクセキレイ2
ホオジロハクセキレイは過眼線が無く顔全体が白く、頭頂~背が黒いです。大雨覆は白色です。
ホオジロハクセキレイ3
キセキレイ♂夏羽が囀ってました。
キセキレイ2
♂夏羽は喉は黒く、白い顎線が目立ちます。
キセキレイ1

キセキレイ3
春になると、コチドリ夏羽を農耕地でよく見かけるようになります。≪今季初認・3月17日≫
コチドリ1
別場所にて。
コチドリ2
シロチドリが砂浜海岸に渡って来てました。
この個体は前頭と過眼線が黒いので、シロチドリ♂夏羽ですね。
シロチドリ1
こちらは前頭の黒味がなく、過眼線が褐色なのでシロチドリ♀夏羽でしょう。
シロチドリ2
シロチドリを観察中、何故かズグロカモメ若鳥1羽がやって来ました。
この砂浜海岸にズグロカモメが入ることはないので、迷い子のようです。無事群れと合流できればいいのですが・・・
ズグロカモメ1

スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment